SBI証券でつみたてNISAはじめました

こんばんわ 緑です。

今年1月からスタートした「つみたてNISA」。

これまで「NISA」はありましたが、はたして「つみたてNISA」とは・・・

まず「NISA」とは?

「つみたてNISA」との違いってなんでしょう。まず「NISA」の説明を簡単にします。

  • 2014年から始まった「小額投資非課税制度」
  • 投資対象は 上場株式・株式投資信託
  • (2016年度より)非課税枠 120万円/年 × 5年 = 600万円 の投資枠から得られた利益に対して、税金が非課税になる制度
  • 5年目以降、投資枠はなくなるがさらに5年間保有することができる(ロールオーバー)

つみたてNISAとは?

それではつみたてNISAとは?

  • 2018年1月から開始
  • 非課税枠 40万円/年 × 20年 = 800万円 の投資枠から得られた利益に対して、税金が非課税になる制度
  • 買い付けは定期的に投資したもの(積立)のみ
  • 対象商品は一定の条件を満たす投資信託等

どうでしょうか?それぞれ特色がありますね。

年間120万も投資なんてしないよ!ってひとは「つみたてNISA」がおすすめです。

え?両方やりたいですか?

残念、それは無理です。どちらか片方しか選べません

「つみたてNISA」の口座開設期間は2037年までになっています。

今から始めれば、20年きっちり800万まで投資することができますよ。

あ、ロールオーバー(保持延長)はできませんのであしからず。

通常購入の株や投資信託は、利益を確定すると20%の税金がかかってしまいますが、この 非課税のつみたてNISA枠 を利用すればその20%の税金がかかりません。

とてもお得だと思いませんか?

しかしながら、投資信託という金融商品の特性上、上がったり下がったりするわけですよ。

そういったリスクを背負う覚悟があるなら、ぜひ「つみたてNISA」をはじめてみてください。

定期預金のつもりでやっていると、気づいたら積立額の何割かなくなっているかもしれませんよ!

自分が投資しているポートフォリオの確認は定期的にすることをお勧めします。

そして投資比率の変更などで、その時の相場に対応していくことが必要でしょう。

現状、とても良い地合の相場状況です。

それはなぜかというと、安部首相の「異次元緩和」。トランプ大統領の「アメリカ第一主義」。

これのおかげだと思います。

一国の主の方針・政策により市場は大きく動きます。

その時流を読んで投資していくことが大事なのではないでしょうか・・・と、えらそうなことを言いましたが、私も初心者です

つみたてNISAはじめますか?

雑な解説になりましたが、実際にやってみたらわかると思います。

商品については何も触れていませんが、信託報酬が少ないほうが20年後振り返ったときに幸せになれるかしれません。

必ず増える!ならやるけど・・・1円でも減るなんて許せない! という人はやらないほうがいいかもしれません。

毎日気になって仕方がなくなるでしょう

リスクをとって増やすという考え方が出来る人は始めてみてはいかがでしょうか。

もちろん余剰資金のほうが気楽でいいです。

私の「つみたてNISA」のポートフォリオは 毎日公開していく予定ですので、興味のある方はご覧ください。

ブログ上部のメニュー「毎日ポートフォリオ」からご覧いただけます。

それでは、良い投資ライフを!

 

関連記事

SBI証券のつみたてNISA設定のやり方