Amazon Mastercardゴールドカード は普段使いで上手に節約!

こんばんわ 緑です。

みなさんはクレジットカードは何枚持っていますか?

私は2枚持っています。

一枚はOricoCard THE POINTです。これは非常用で普段は使いませんが、年会費無料なのでとりあえず持っています。

メインカードはAmazon Mastercardゴールドです。

日用品はほぼAmazonで済ませています。タイムセールを覗いてお得なものがあればポチっと買い物しています。

買い物大好きなので!

さらにプライム会員で映画も見放題、音楽も聴き放題。

映画のラインナップもなかなかで、映画上映から数ヶ月後には見れるようになったりすることも。

音楽も、BrueToothで車のステレオにつないで聴いてます。

楽しみながらお得に生活できるプライム会員はとってもオススメです!

こんなにAmazonを使うなら、クレジットカードも作っちゃおう!というわけでゴールドカードを作りました。

もちろん通常のAmazonクラシックカードもありますが、プライム会員特典が付いているゴールドカードのほうがオススメです。

しかし年会費が10,800円(税込)!高い!そんな高級カード無理だよ!

と思われるかもしれませんが、お得な情報があります・・・(あやしい)

「マイ・ペイすリボ」で年会費5,400円(税込)割引(2年目以降)!

「マイ・ペイすリボ」というリボ払いの設定にすれば、年会費が5,400円(税込)割引になります(2年目以降)。

え・・・リボとか怖すぎ・・・と思うでしょう。私も思いました

ところが!「カード使用限度額以上の支払いになったらリボ払いにする」という設定にすればいいのです!

リボ払いの設定もしておきながら、毎月の支払いは通常の支払いと同じ。

私のカード限度額は100万円なので、「100万円以上になったらリボ払い」という設定にしています。

絶対にリボ払いになりませんね。

そして年会費が5,400円(税込)割引!2年目以降だけど!

注意点は、年1回以上カードを使用することだけです。

さらにさらにお得な情報があります。

「WEB明細書サービス」で1,080円(税込)割引(2年目以降)!

よくあるカードだと、毎月の明細は郵送で送られてきますよね?

このカードは「WEB明細書サービス」というシステムがあり、郵送される明細書は無くしてネット上で明細を見ることができます。

郵送される明細書を保存していたのですが、毎月送られてくるのでかさばってしかたがなかったです。

でもWEB明細書ならネット上で見られるので、明細書がたまらずスッキリしていいですよ

このサービスを使うと年会費が1,080円(税込)もお得になります!2年目以降だけど!

この2つのサービスを合わせて使うと、年間6,480円(税込)の割引になります。

さらに、元々プライム会員の人は3,900円(税込)を支払っていましたので、これが年会費に含まれるようになります。

なので残りは420円です。

そう、年会費が420円(税込)で済みますね

プライム会員なんていらないよ!って人は4,320円(税込)の年会費ということになります。絶対ついてきちゃうのですが

どうですか。これだけの年会費でゴールドカードが持てちゃいます。

もちろんゴールドカードならではの特典もいっぱいあります。

旅行に行く人はゴールドカードがオススメです。

また、空港のラウンジが使用できるサービスも付いてますよ!

2年目からは年会費420円(税込)

1年目の年会費はそのまま、10,800円(税込)になります。

それまでにプライム会員だった人は、会員費が日割り計算されて戻ってきます。

1年目は高いなぁ・・・まぁ仕方ないか・・・。と思いつつも最初は払いました。

しかしです。私はAmazonヘビーユーザー。

ゴールドカードは2016年中ごろから使い続けてきました。

先日ふと思い立って、2017年の1年間どのくらいポイントをゲットできたのか計算したところ・・・

なんと 12747ポイント もゲットしていました

 

年会費を軽く超えていました・・・驚きです

Amazonで旅行ケースを購入したとき、4000ポイント近く付いたのが大きかったです。

たまにありますよね。ポイントがやたら付いている商品。

そういうのを狙うのも楽しみの一つです。

ちなみにAmazonでの購入金額は160,379円でした。

ポイント2.5%の計算だと4010ポイント程度ですが、普段からAmazon以外でもカードを使って1%のポイントをゲットしていたので、この大量ポイントにつながったようです。

電子マネー「iD」で普段からポイント1%をゲット

このカードには、別申し込みで「iD」という電子マネーのカードが手に入ります。料金は無料です。

マクドナルドや各コンビニ、イオン系スーパー等で使えます。

私の家の近所ですと、日常の購入品はほぼこれでカバーできます。

使えない場所ではクレジットカードで購入してます。

これらの買い物で1%のポイントが付きます。これが結構大きいです!

ポイントはしばらくするとAmazonポイントとして手軽に利用することができます。

この電子マネー「iD」は、クレジットカードと同じような扱いになります。

チャージ型の電子マネーと違ってチャージする必要は無く、クレジットから引き落としになっているので残金を気にする必要はありません。

クレジットカードのようにサインを求められることが無く、決済が早いので手間が省けます。

とても便利なカードなのですよ。

「iD」とクレジットカードの普段使いでポイントを効率よくゲット

Amazonゴールドカードと「iD」はAmazon以外の使用でも1%の高還元率でポイントが付くので、普段から使うことをオススメします。

ケータイの引き落としも、医療保険の引き落としもこのカードにしています。

ちょっとカードのデザインがカッコ悪いのでお店で提示するのが恥ずかしい・・・

という方もいるかもしれませんが、ゲットしたポイントはAmazonで使用できるので、Amazonヘビーユーザーは是非持っておいて欲しいです。

また、よくある「カード会社のサイトを経由すればポイントアップ!」

コレ、意外とめんどくさいですよね。しかも経由し忘れることが良くあります。

このカードは経由サイトは必要ないので、「経由し忘れてポイントが少なかったー!」なんてことも起こりません。

こんな人はAmazon Mastercard ゴールドは必要ない

  • プライム会員にならなくていい人

ゴールドカードは全く必要ありません。Amazon Mastercard クラシックで十分です。

通常のAmazonでのお買い物で1.5%のポイントも手に入るし、年会費は1,350円(税込)が年1回使用するだけで無料になります。

Amazonで結構買い物するけどプライム会員まではいらないや という人はクラシックがおすすめです。

しかもクラシックは、新規入会で2,000円~5,000円のポイントがプレゼントされます。

ゴールドは特典ないのに・・・なんででしょう・・・

Amazonのレビューを見ると、先にクラシックカードに入ってからゴールドカードに申し込むというツワモノもいるようです。

  • Amazonで全然買い物しない人

クラシックカードすら必要ありません。

OricoCard THE POINT などの高還元率カードのほうがいいでしょうね。

Amazonカードは全くオススメできません。

楽天での買い物が多い人は楽天カードのほうがいいかもしれません

自分が良く使うサイトの関連カードはお得な場合が多いので、そちらを選択したほうがいいでしょう。

必要かどうか一度考えてみるのがいいかも

いかがでしたか?

Amazonは良く使うけど、クレジットカードまではいらないかな~ と思っていた人は、是非一度考えてみてください。

よく使うのにポイントをためないのはもったいないです。

クラシックカードでも持っておけば、何かしらの益にはなれど損にはなりません。

上手にカードを使って上手く節約していきましょう

Amazon Mastercardゴールド

Amazon Mastecardクラシック

Tags: